お知らせ

News




特許成立(超高強度モルタル関連)

2021年2月10日お知らせ,製品紹介

新型コロナの感染拡大で、2回目の緊急事態宣言が発令されてから約1か月が経過しました。

全国的に、新規感染者数は減少していますが、医療現場の逼迫状況は続いており、

まだまだ予断を許しません。

早期のワクチン接種を期待するとともに、以前ようにマスク無しで自由に行動できる環境を

取り戻したいものです。

 

さて、このたび、弊社製品「スタッコ ウルトラモルタル・HS」

関わる特許が成立し、その特許証が届きました。

2016年に特許出願したもので、2020年12月22日に「特許第6813958号」として

登録されました。

 


 

ホント、「こんなんなんぼあってもいいからですね!」と言いたいところです。

 

この特許の請求内容は、

圧縮強度が60~110N/㎜2の高強度コンクリート躯体に対して、接着性、左官鏝による施工性

及び防火性を満足し、躯体と同程度の強度を有する補修用高強度モルタルの設置方法です。

表面が緻密で接着が難しい高強度コンクリート面に対して、規定の仲介接着用下塗材を使用

することで、補修用高強度モルタルの施工が可能となるというものです。

 

近年、建物の超高層化が進み、使用される超高強度コンクリートは革新的に技術が進歩してします。

一方で、そのコンクリートを補修する材料・工法があまり確立されていません。

 

そのような背景で、超高強度コンクリートへの仲介接着用下塗材「スタッコ ウルトラフィラー」

100N/㎜2以上の圧縮強度を有する超高強度モルタル「スタッコ ウルトラモルタル・HS」

開発しました。

 


 

お陰様で、皆様に少しずつ認知され、お問い合わせ頂く頻度はかなり増えております。

 

更に施工実績を積み重ね、超高強度コンクリートの修繕工法の確立を目指し、

精進してまいります。

 

今後とも、宜しくお願い申し上げます。