会社概要

About

当社の由来

name story

東京の飛鳥山公園内にある渋沢栄一資料館の一つに「青淵文庫」という建物があります。
この「青淵文庫」建設時の資料に、「スタッコマンチュリア」という材料の使用が記されていました。
「スタッコマンチュリア」は、旧満州国・南満鉱業社製のマグネシアセメント系内装仕上材です。

また、南満鉱業社にはマグネシアセメント系外装材の「リソイド」という商品もあり、東京の青山・大塚・江戸川等に存在した「同潤会アパートメント」の外壁材として使用されていたことで知られています。これら「マグネシアセメント」の特長として、「高強度」、「純白」、「安全」、「耐火性」などが挙げられます。

ところで、弊社の創設者は当時の満州国滞在中に南満鉱業社と関わり、マグネシアセメントに強い関心を持ちました。そして、帰国後の1953年、「スタッコマンチュリア」に因んで、日本におけるセメント系仕上材メーカー「日本スタッコ」を設立しました。
日本の漆喰が左官職人の歴史であるのと同様に、マグネシアセメントは弊社の歴史であり、その原点です。






会社概要

About

社名日本スタッコ株式会社
創立1953年4月(昭和28年)
代表取締役髙田 泉
本社/工場〒520-3114
滋賀県湖南市石部口3丁目1-1
TEL0748-77-3155(代表)
FAX0748-77-4501
資本金4000万円
事業内容 ・特殊機能性材料
・建築用下地調整材の製造・販売
・土木用材料の製造販売
主な取引先 ・国土交通省
・他各省庁
・各地方自治体
・UR都市機構
・各官公庁
・建設会社
他各社
取引銀行 ・滋賀銀行
・りそな銀行


沿革

History

昭和28年 4月滋賀県石部町に「日本スタッコ株式会社」設立
スタッコセメント生産開始
昭和37年 4月現在地に本社・工場移設
昭和41年 4月スタッコプライマー(EVA)生産開始
昭和47年 4月ライトセメントシリーズ生産開始
昭和48年10月生産設備増設
昭和53年 4月技術実験室増築
昭和56年 7月スタッコEMX-02(SBR)生産開始
昭和57年 4月白セメント系仕上材「スタッコV」生産開始
昭和59年11月生産設備増設
昭和60年 4月タイル関連製品「アクロメントシリーズ」生産開始
昭和61年 8月研究室、製造部室改築
昭和63年 8月エマルジョン生産設備合理化
平成元年 9月日本工業規格表示工場(JIS認定取得)
平成 2年12月本社事務所改築
平成 3年 1月生産設備増設
平成 9年 5月新株式20千株を発行し資本金1000万増資
平成12年 9月一材型製品「JSプレミックスシリーズ」生産開始
平成13年 6月高接着材「ハイパーエポ」開発、生産開始
平成14年10月マグネシアセメント系仕上材開発、生産開始
平成18年 3月技術研究室新築
平成21年 1月菊水化学工業株式会社の連結子会社となる
平成22年 4月JIS A 6916建築用下地調整塗材(C-2、CM-2)認証取得
平成23年 8月(一社)公共建築協会無収縮グラウト材評価取得
平成27年12月特殊グラウト材「ファイバースタウト」特許成立
平成28年 9月超高機能「スタッコ ウルトラモルタル」開発
平成29年 1月製造ライン大幅増強
平成29年 6月ウルトラモルタルHSおよびLS、不燃材料大臣認定取得
平成31年 3月スタッコ床改修工法、製品ラインナップ
平成31年 4月ウルトラモルタルシリーズ(5製品)ラインナップ
令和元年 8月骨材サイロ増設
令和元年10月マグネシアセメント系床材「MGレベラー」再上市