HPリニューアルのご報告

技術部の吉成です。

昨日は久々に晴れ間が見えたと思ったら、また本日も朝から冷たい雨。
「秋の長雨」とは言われていますが、こうも続くと心の方もジメジメしてきます。

更に台風が接近中で、来週初めに上陸しそうな予報です。
接近前の大雨にも警戒とのこと、皆様、くれぐれもご注意ください。

さっそく本題ですが・・・
本日、HPの製品一覧のリニューアルが完了しました。

弊社一押し(?)の「スタッコ ウルトラシリーズ」もアップしております。

HP1

 

 

 

 

 

 

これで、総合カタログに記載する製品の単品カタログも、全てダウンロードが可能と
なりました。

長らくお待たせし、誠に申し訳ございませんでした。
今後とも、弊社製品を「ご贔屓に!」、何卒よろしくお願い申し上げます。

※緊急告知
 来月、ようやく「スタッコ ウルトラシリーズ」の第4弾製品を発表いたします。
 キーワードは「3時間」と「超高強度」です。
 恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。

「ウルトラシリーズ」大臣認定取得

今期より、弊社の経営方針を大きく変更しました。

「補修材から修繕、補強材への転換を目指す」

その象徴である、超高性能モルタル「スタッコ ウルトラシリーズ」は、
昨年の上市以降徐々に広まり、皆様にご愛用頂いております。

「ウルトラフィラー」は、難接着な超高強度コンクリートへの接着性に
 優れており、仲介材として最適です。

「ウルトラモルタル・HS」は、圧縮強度100N/㎟の超高強度モルタルで、
「ウルトラフィラー」との併用により、超高強度コンクリートの修繕に
 最適です。

「ウルトラモルタル・LS」は、材齢28日の長さ変化率が0.01%程度の
 超低収縮モルタルで、速硬系の軽量断面修復材として、建築・土木の
 両分野で広くご使用頂けます。

ところで、コンクリート躯体の断面欠損等に対する補修は、
「平成3年国土交通省告示第1372号・第1項」に示された試験性能を有し、
且つ「平成12年建設省告示1399号・第2項」に基づき防火上支障がない
ことを実験等により確認したポリマーセメントモルタルで対応されます。

特に後者については、最近は不燃材料に関する国土交通大臣認定を
求められるケースが増えています。

そこで、「ウルトラモルタル・HS」と「ウルトラモルタル・LS」
について、不燃材料の性能評価試験に合格し認定を取得しました。

性能評価書 HS認定書(HS)

 

 

 

 

 

 

 

 

また、両製品のカタログを改訂いたしました。

HS(表)

LS(表)

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、益々「ウルトラシリーズ」の拡充を図ってまいります。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

※追伸
「ウルトラシリーズ」を大々的に宣伝しているのに、
「当ページからカタログがダウンロードできない!」とのお叱りを受けました。
 誠に申し訳ございません。
 早々にリニューアルしますので、少々お待ちください。

2016 日本建築学会(九州)

日本スタッコ 技術部の吉成です

残暑お見舞い申し上げます。
こちら滋賀県は殆ど雨も降らず、連日暑い日が続いております。

ところが、東日本・北日本では台風が上陸し大きな被害がもたらされました。
不幸にも被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

弊社も約3年前、台風の影響で川が氾濫し大水害に見舞われました。
自然災害は、「いつ」「どこで」発生するのか全く予測がつきません。
日頃からの危機管理を徹底する必要があると痛感します。

さて、8/24~26まで福岡大学において日本建築学会大会(九州)が開催されています。

当社も昨日(8/24)、某ゼネコンの方と共同で、
「超高強度コンクリート補修用高強度ポリマーセメントモルタルの開発」と題して、
発表させて頂きました。

建築学会

 

 

 

 

 

 

 

 

現状、あまり確立されていない材料・工法ということで、非常に興味を持たれた方も
いらっしゃいました。

ところで、この「高強度モルタル」とは、先日より紹介させて頂いている
「スタッコ ウルトラモルタル・HS」です。

DSCF9575

 

 

 

 

 

 

ようやく専用袋も完成しました。

また、超低収縮モルタル「スタッコ ウルトラモルタル・LS」の荷姿はこちらです。

DSCF9580

 

 

 

 

 

 

ビジュアル的にも、これまでの常識を覆した形ではないでしょうか?

「赤のウルトラモルタル」と「青のウルトラモルタル」、
今後とも、何卒宜しくお願い致します。

JCI千葉

暑中お見舞い申し上げます。

いよいよ夏真っ盛りといったところです。
皆様、毎度のことながら、熱中症には十分にお気を付けください。

さて、先日は千葉の幕張メッセで開催されたJCI年次大会2015において、
菊水化学工業㈱のブースで、弊社の製品を展示させて頂きました。

RIMG0186

 

 

 

 

 

RIMG0185

 

 

 

 

 

 

RIMG0184

 

 

 

 

 

 

その一つが、「ファイバースタウト」です。

ファイバースタウト(パネル資料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・ベランダのアルミ手摺の支柱固定を目的として開発したもので、
エポキシ樹脂に代わる安全・安価な速硬系ポリマーセメントグラウト材です。

手前味噌ですが、非常に特長的で面白い材料と自負しており、
何とか他の用途にも展開出来ないものかと、常日頃考え続けております。

皆様、何卒良いお知恵を拝借させてください!
(弊社までご連絡頂ければ、直に関連資料を送付申し上げます)

さて誠に勝手ながら、 2015年8月13日(火)~16日(日) まで、
弊社は夏季休業とさせて頂きます。

ご不便をおかけしますが、ご理解頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

新製品のご紹介

技術部の吉成です。
大変ご無沙汰しております。

最近はなかなかブログを更新せず、本当に申し訳ございませんでした。
今後は定期的に更新していく所存です。

さて、本日は貴重な梅雨の中休み。
心地よい暑さで、絶好のゴルフ日和(?)といった感じですね。

DSCF7170

 

 

 

 

 

 

この度は新製品をご紹介申し上げます。

弊社の主力製品の一つ「JSプレミックスシリーズ」は、
セメント系下地調整塗材で、
水練りだけでご使用頂ける一材型(粉体のみ)のポリマーセメントモルタルです。
また、施工方法はコテ塗が基本で、主に左官職人の方に御使用頂いております。

DSCF5506

 

 

 

 

 

 

ところで、世の中にはローラーや吹付け専用の下地調整塗材が有りますが、
その大半は、粉体と混和液がセットになった二材型です。
特に、塗装職人の方がご使用になられるケースが多いと思います。

DSCF4539

 

 

 

 

 

 

そこで、下記のように考えました。

(1)一材型の吹付け・ローラー専用のフィラー製品が世の中にあまりない。
(2)JIS A 6916 でC-1とC-2の両方の製品認証を受けた製品が世の中にない。
(3)今後は、更に「カチオン系」の改修仕様製品が主体となる。

これらの条件を満足させるべく検討し、
新たに「JSプレミックスカチオン100RF」を開発し、
上市させました!

(Rはローラー、Fは吹付けの頭文字です)

JSプレミックスカチオン100RF1

DSCF7180

 

 

 

 

 

 

 

 

既にJIS A 6916(C-1/C-2)の製品認証は取得済みです。
また、ローラー・吹付けだけでなく、水量調整によりコテ塗りも可能です。

未だ他社にはない、「オンリーワン」の製品です!!

なお、今後も定期的に開発製品をご紹介していきたいと思います。

今後とも、何卒御贔屓(ごひいき)に!!!

JIS認証登録製品追加のご報告

技術部・開発担当の吉成です。

早いものでもう年末間近です。

今年を振り返ったとき、真っ先に思い出されるのは9月の台風18号による浸水被害です。

弊社は数日間操業出来ない状況となり、皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。

お陰様で、現在は何事もなかったかのように平穏を取り戻しております。

その節は ご支援ならびにご尽力を賜りましたこと、改めて御礼申し上げます。

 

さて、報告が大変遅くなりましたが、当社のJIS A 6916 認証製品を追加登録しました。

更に、LT工法(ループボンド・タフバインダー工法)適合製品も追加登録されました。

 

新たに加わった製品は以下の通りです。

JSプレミックス20 (CM-2) : 吹付け仕上材の下地調整(0~5㎜)

JSプレミックス300 (CM-2) : 各種補修材の下塗り(3~15㎜) <LT工法対応>

JSプレミックス40N (CM-2) : タイルの下地調整(3~10㎜) <LT工法対応>

JSプレミックススタウト (C-2) : ベースネット貼付け材 <ベースネット工法対応>

 

これで「JSプレミックスシリーズ」の主力5製品の全てJISマーク表記となりました。

尚、「JSプレミックス300」と「JSプレミックス40N」がLT工法適合登録製品です。

 

また、この度ブログからダウンロードできるカタログも改訂しましたのでご確認ください。

今後も弊社製品をどうぞ御贔屓に! 宜しくお願い申し上げます。

 

通常業務再開のご報告

先日お伝えしました台風18号による被災の件の続報です。

 

当初は一面水浸しで目も当てられない状態でしたが、

IMG_0994

懸命の復旧作業により、ようやく一段落しました。

DSCF2630

 

今週より通常業務を再開しております。

DSCF2626

 

皆様には、多大なるご迷惑をおかけいたしました ことを深くお詫び申しあげます。

また、 ご支援ならびにご尽力を賜りましたこと、改めて感謝申しあげます。

 

お客様には引き続きご信頼いただける製品をご提供すべく、努めてまいる所存です。

今後とも ご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申しあげます。

 

日本スタッコ 社員一同

台風18号被災状況

テレビなどで報じられました、台風18号の豪雨により

当社近くに在る河川が決壊し、その濁流が敷地内に押し寄せました。

CAM1

 

その結果、当社の事務所・工場等が浸水し、操業出来ない状況となりました。

IMG_0889

 

被災時には電気・電話も通じず、お客様各位には

大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

ようやく、電気・電話も通じる様になり、

ブログにて現在の状況をご案内させて頂きます。

 

被災直後から社員一同、懸命な復旧作業を行っており、

遅くとも今月24日より通常業務となる様、頑張っている所です。

E工場

 

皆様方に大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、

何卒この状況を斟酌いただきたくお願いいたします。

社員一同この災害を糧としてさらなる飛躍を目指します。

 

日本スタッコ社員一同

 

 

Den senaste kvartals bröllop enkelt den feminina figuren med spetsdetalj , lyxiga tyger kombineras. Denna serie är inriktad på fokus för bröllopet ikoniska V-ringning, ren elegans elegant uttryck feminina Bröllopsklänningar.

製品紹介「ハイパーエポシリーズ」

営業部の福岡です。

 

先日、店舗の床改修工事がありました。

店舗エレベーターホールのプラスチックタイルをリニューアルしたいとのこと。

人が往来する場所での工事ですので安全はもちろん、工期短縮・騒音や臭気への配慮を

考えなければなりません。

 

そこで、「ハイパーエポ」の登場です。

 

「ハイパーエポ」は、水性エポキシ系速硬型ポリマーセメントモルタルです。

騒音が出る斫り作業の必要がなく、旧仕上樹脂タイルを捲りとり、ハイパーエポで

下地調整した後、新たにカーペットを貼る工程です。

 

速硬タイプですので、今回は下地調整後2時間で仕上げの工程にはいることが出来ました。

 

綺麗な仕上げには、下地調整という工程が欠かせません。

そこで、左官職人がセメントモルタルで施工を行います。

 

ただし、下地面の種類によっては セメントの接着力に限界があります。

その場合は、セメントに樹脂を加えて、セメントの性能を向上・安定させることが出来ます。

これをポリマーセメントモルタルといいます。

 

「ハイパーエポ」は、あらゆる下地面に強力に接着する水系エポキシ樹脂を厳選採用、

さらに、速硬型の特殊セメントを使用しており、緊急を有するあらゆる場面で活躍して

くれる下地調整材です。

 

リフォーム工事などでお困りの際は、是非ご一報ください。

 

 

Festklänningar varje familjemedlem du är unik skräddarsydd, lyxig och vacker broderad tyll festklänning , låt dig vid första ögonkastet . Jag tror att du har favorit klänning.

 

経営理念

技術部・開発担当の吉成です。

毎日大変な暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて突然ですが、弊社の朝の風景です。

先ず、 担当者(本日は新人の石倉さんです)の掛け声に併せて、

経営理念とオアシス(挨拶)の唱和を行い、

その後、ラジオ体操で気持ちをリフレッシュして、各々の仕事に取り掛かります。

 

ところで、弊社の経営理念は・・・

です。

 

我々の『市場』とは、製品を実際に御使用頂く施工現場を指します。

「商売の源は全て現場にある」

現場で本当に必要とされるものを、

迅速かつ正確に調査し・準備し・提供できるかが重要です。

 

技術部では『創造力(アイデアと閃き)』をフル稼働して、

必要とされる製品の開発に日々取り組んでいます。

そこで、最近開発した新製品を順にご紹介していきたいと思います。

楽しみにしてください!

 

これからますます暑くなりそうです。

こまめな水分補給で、熱中症には十分に気を付けてください。