どんな所もDIY ~仕上げ工程~

日本スタッコ ブログ担当の村上です。

「工場前の段差をなくし、リフトを安全に通過させよう」

という前回の「どんな所もDIY ~前準備編~」の続きで今回は仕上げ編です。

ガタガタな表面をモルタルで滑らかに仕上げていきます。

写真の中、コテで仕上げているのは

スタッコの福岡常務。

普段は東京で営業活動をしています。

常務の左側、濡れ色部分が施工後。

右側の白っぽい部分は未施工です。

実は常務、コテ作業が大好き!

スタッコ事務所建屋の階段の壁や更衣室など、常務が施工して仕上げているのです。

これも写真付きで紹介したいなぁと考えていますのでお楽しみに!

ガタガタな表面もきれいになり、残るは坂の一番下、地面との境界部分。

ここの段差も綺麗に埋めれば、リフトが安全に通れる工場出入口になります。

どんな所もDIY ~前準備編~

日本スタッコ ブログ担当の村上です。

DIYとは、一般的に日曜大工として訳されています。

自分たちで出来ることであれば、自分たちでやろう!と

スタッフが立ち上がったのは先月下旬のぽかぽかしたある日。

写真右奥の工場の出入り口には

段差があり、フォークリフトがスムーズに

通りにくい状況だったのです。

セメント製品は得意なスタッコ!

段がなくなるように、坂になるようにと

綿密(?)に計算した上で

日々の実験で余った材料を少しずつ塗り重ねていきます(ところどころ色が違うのわかりますか?)

これだけではまだ表面がガタガタしていて、安全にリフトが通過できません。

この上に仕上げ作業をしていくのですが、、、それは次回詳しくご紹介しますね。